ラミナーゼモイストクレンジングバーム正しい使い方

ラミナーゼモイストクレンジングバームは、皮膚臨床薬理研究所の独自技術による「ラメラ構造」で作られているため、お肌への負担を最小限にして、W洗顔不要でメイクや汚れをスルンと落とすことができます。

 

でも、実際にラミナーゼモイストクレンジングバームを使った方の中には、メイクがよく落ちていない気がして、結局W洗顔してしまった…などという意見を見かけます。

 

正しく使えばメイクが落ちていないなどどいうことはまずないので、ここではラミナーゼモイストクレンジングバームの正しい使い方をご紹介したいと思います。

 

適量を手にとります

乾いた手にラミナーゼモイストクレンジングバームを適量(約3p程度)取ります。

馴染ませる

ラミナーゼモイストクレンジングバームはチューブから出したばかりの状態ですと、ちょっとだけ固さがあります。

 

なので、直接顔にのせてしまうのではなく、手の上で馴染ませて少し柔らかくしてから、顔にのせてきます。

 

クルクルとマッサージ

指の腹で小さな円を描くようにクルクルとマッサージします。

 

クレンジングバームをお肌にのせるとトロリとなじみますので、チカラを入れる必要はなく、チカラを入れ過ぎはお肌にダメージになりますので注意が必要です。
目安としては、生卵を割らない程度の力加減です。

 

時間は約1分程度です。メイクがスルンと浮いてきます。

 

あまり長い時間やり過ぎるとお肌に負担がかかり逆効果となってしまいます。

洗い流し

ぬるま湯で洗い流します。

 

お湯の温度は32℃〜34℃程度が理想です。
高温のお湯はお肌に必要な皮脂まで落としてしまう原因になりますので、洗い流すお湯の温度は重要なんですよ。

 

32℃〜34℃程度と言われてもちょっと難しいかもしれませんが、、一度温度を測ってみて、このくらいの感触というのを覚えてしまうといいかもしれませんね。

 

ラミナーゼモイストクレンジングバームを使う上で大切なのが、美容成分・うるおいを閉じ込めるためにW洗顔はしないということなんです。

 

せっかくの美容成分を洗い流してしまわないためにも過剰な洗い流しは不要ということなのです。

 

参考にされてみて下さい。